高山病を防ぐ

富士山に登るツアーで、注意する必要があるのが高山病です。ツアーでガイドの人が安全に気を使っていても、人によっては高山病にかかってしまうことがあります。高山病は気圧が下がることで酸欠状態になり、血中酸素濃度が低下し、頭痛や吐き気、めまいやむくみ等の症状が現れます。高山病の症状が出てきた場合は、無理せずに休むことが大切です。ツアーでは、ガイドがいるので症状が出てきた場合は、すみやかに相談を行ってください。ガイドが様々なアドバイスをくれます。また、症状が続いているようであれば、無理して登ることは危険です。富士山を下山する必要が出てきます。高山病になりやすいか、なににくいはかは酸素摂取能力が影響しています。酸素摂取能力は心肺機能と血中のヘモグロビン量が関係しています。貧血気味の人は地上でも酸素を十分に体内に取り込めていない状況です。富士山に登る際に高山病が表れてくるようなこともあります。

富士山に登頂するツアーでは、高所順応のために5合目についたらしばらく体を高所に慣らしていくということがあります。1時間ほどその場に滞在することにより、高山病のリスクを減らすことができます。また、ツアー前日には飲酒や喫煙、寝不足等が合った場合高山病のリスクが上がります。事前に体調をしっかりと整えることが大切です。なお、呼吸が浅くなると酸素が不足するので高山病になりやすくなります。意識して呼吸を行うことは非常に重要です。焦らずマイペースに呼吸を意識することにより、高山病になるリスクを減らすことができます。